診療案内

  • HOME
  • > 診療案内

診療案内


診療科目

整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科

診療時間

 
8:30~11:30
14:30~17:30 休診 休診

当院の特徴

適切な治療
適切な治療

患者様の年齢、家族構成、社会的背景、環境など考慮して、整形外科的治療とリハビリテーション、正確な手術によって根本的に治していきます。また定期的に診察や検査をして、薬剤の効果や安全性を確認しながら治療します。


骨粗鬆症治療
骨粗鬆症治療

骨は骨形成と骨吸収とを行い常に新しく生まれ変わっています。30歳までに骨のカルシウム塩量はピークを迎えその後は徐々に減っていきます。特に女性の場合は閉経期になるとその減り方に拍車がかかります。
30歳までに蓄えた骨塩量が半分くらいになると、ちょっと転んだだけで骨が折れやすくなります。そうなる前に対処しなければいけません。

骨粗鬆症には明確な診断基準があり、定期的に脊椎のX線撮影と骨密度を測定することが大切です。
最近は安全で十分効果が期待できる夢のような薬が開発され、1年で5%以上骨を強くすることも可能になりました。現在800人以上の患者様に喜ばれています。


予防医学
予防医学

治療により痛みを軽減させるだけでなく、発症のメカニズムを理解して運動療法や生活指導により状態を安定させ、痛みの再発を防ぐことが重要だと考えています。
そのためには積極的にサーキットトレーニングやホームエクササイズに取り組んで頂き、栄養指導を併用し、筋力をつけるとともに体重も減らしていきます。病気やけがを可能な限り予防して健康を維持できる体作りを行っていきます。


健康寿命
健康寿命

寝たきりになる原因として転倒・骨折・関節疾患などの運動器疾患が22.9%となっています。
転倒・骨折を予防するためには、体を支えている骨と筋力を強くすることが大切です。骨粗鬆症治療により骨を若返らせ、サーキットトレーニングやホームエクササイズで転ばない体を作っていきます。これらにより心身ともに健康で自立した生活ができる期間(健康寿命)を延ばします。
つまりアンチエイジング達成を目指すということです。健康長寿でいつまでも趣味や活動に参加して楽しく過ごして頂きたいと考えています。