お知らせ

勉強会in霧島


今回は東京女子医科大学整形外科で教授をされている岡崎賢先生に来て頂きました。

演題は「変形性膝関節症の保存療法と周術期疼痛管理」です。

長引く痛みの原因は、炎症による痛みと脳からの伝達の機能異常があります。

炎症を和らげてあげるだけでなく、伝達の機能異常を正常化することにより、より鎮痛効果を発揮することができます。

こういったアプローチにより患者様の負担をできるだけ取り除いて、最良の治療を行うことができます。

先日も痛みについてはお話しましたが、日々医療は進歩しています。

私も常に学ぶ姿勢を忘れずに心がけていきたいと思います。

-In3LML5qKMMYnGNaOjBSju-YBAZ_lg6c3Z7b6_4y9A.jpg